思った以上に給料が少ない

数年前に転職しました。 その会社の給料が思った以上に少なかったのです。そのせいで生活費が足りずに私の収入でもお金を貸してもらえる金融会社でお金を借りてしまったことさえもありました・・・

人に話すと、若い子でも職に困るこの就職難に、40代の私に新しい仕事が見つかっただけでも運が良いと言われるので、我慢すべきなのかと諦めてもいます。

ですが、毎月楽しみのはずの給料日がため息の日となってしまうのです。 いくら小さい会社とはいえ、最初にお金の話はしっかりとすべきでした。

自分の甘さに嫌気がしますが、昔から私はこうなのです。 実父が地元で会社を経営していました。 普段あまり話さない父が、ある日夕食の時間に一人で語りだしたのです。 「面接にきて、金の話をする奴は絶対に雇わない。 自分がどれだけ会社の役にたてるかまだわからない者が、金のことを言うものではない」と、強く語ったのです。 そのことが子供ながらに、頭の残る言葉でした。

そのせいか、私はこれまで就職の面接のときに、自分から給料について話すことはありませんでした。 幸い、会社側から提示してくれていたので、これまでは問題がありませんでした。 しかし、今回はそれがありません。 最初の3ケ月は試用期間とのことだったので、とりあえずは安い金額で働いていました。 それが無事終って本採用になれば、交渉できるかと思いきや、何もかわりませんでした。

最初にお金の話をしなかったことを後悔しています。

同じ職種でもその職場によって時給や基本給が違うので大変なのですが、最初にお金の話をすることがいいのか悪いのが・・・難しいところですね(>_<)

また昔のように金融会社からお金を借りなくてはいけない生活になることだけは避けたいですね(´・ω・`)

お金がない

借金がたくさんあるのにお金がなくて、お金が返せない状況にいます。このままではだめだとわかっているのですが、仕事しても仕事しても返済に消えていくだけの状態なのでどうしようもありません。

もうアルバイトでもするしかないかなと思います。正社員として働いているうえにアルバイトをするのはきついけど仕方ありませんね。